SEの仕事で独立するためのスキル

SEに求められるスキルは、3つある。1つ目は専門知識だ。これは当然だろう。SEは専門職なので、プログラムの知識・システム設計、更には言語以外のハードウェアやソフトウェアに対する知識も必要だ。これらの知識を身に付けることは、SEの仕事をしていく上で最低限必要である。

2つ目がマネジメント能力だ。プロジェクト全体を管理していき、プログラマに的確に指示を出す。これは基本であり、結果を出せるかどうかはSEのマネジメント能力にも委ねられる。また、現場を仕切る上で、個々の特性を理解し接していくことも重要だ。

3つめがコミュニケーション能力だ。SEというとひたすらパソコンに向かい作業をしているイメージを持たれやすいが、実際は人とのコミュニケーション能力が不可欠だ。例えば、クライアントにシステムのプレゼンを行わなくてはならないし、プログラマに対しては仕様説明を行い正しく理解してもらわなくてはならない。いくら専門知識が豊富であるからといっても、このコミュニケーション能力が疎かになっていてはSEとしてやっていくのは難しい。

特に、独立を考えているならなおさらだ。クライアントの中にはシステムに関して素人の方もいる。そんな方に対しても、簡単な言葉を使って分かりやすい説明ができる能力がSEには求められるのだ。

SEとして独立していくには、この3つのスキルは欠かせない。会社を辞め独立して収入をアップさせることを考えているのであれば、これらのスキルを高めていかなくてはならない。