エンジニアやデザイナーなどの専門職は、インハウスで働く方法以外にフリーで働く方法も人気がある。フリーで働くワークスタイルは、企業の方針や業務フローに捕われず、自由に働けることが特徴だ。

しかし、フリーで働くには今後の業務量に深く関わる重要ポイントが存在する。それが、仕事を自分で探す方法だ。独立したての時期はまず、仕事を見つけることが難しくなりやすいため、どのように探すのかが課題となる。無名のエンジニアにとって、人脈のコネがない場合は自分で仕事を生み出す必要があるのだ。

そこで効果的な方法がクラウドソーシングサイトを活用して探す方法である。インターネットのクラウドソーシングサイトは登録も簡単で、誰でも利用できる便利なツールだ。クラウドソーシングの場合、たとえ無名であっても依頼料や経歴などをアピールすれば、依頼者を捜すことが可能である。そこで実績を積み重ねれば評判も良くなり、徐々に得意先のクライアント件数も多くなるのだ。したがって、人脈形成仕事のネットワークを形成するための基盤となる。

クラウドソーシングを始める場合、まず初めは依頼の内容や種類に制限をつくらず、できるだけ接点の幅を広げることがポイントである。時には契約を交わし、一定期間の業務提携をすることも視野に入れることも必要だ。

このような努力を積み重ねることでエンジニアとしての知名度も上がり、将来的に、エンジニア業を専門とする自分の事務所を持つのも夢ではない。上記のような独立前に把握しておくべきことはあるものの、世の中、さまざまな職種がある中でIT系のエンジニアやデザイナーなどは独立しやすい仕事として人気となっている。